無料相談窓口での相談の仕方

無料相談窓口は思いついてすぐに行くのではなく、基本的に予約をしていきます。やはり、窓口も常に相手いて対応ができるとは限らないですし、後ろが詰まっているようなスケジュールでは思うようにゆっくりと説明を受けることができません。そこで、基本的には電話で予約をして十分な相談時間を確保した上で行くのが一般的です。思いついたタイミングで行くのでも良いのですが、お勧めなのは保険の更新時期に相談に行くことです。更新時期に更新をせずに解約し、なおかつ新しい保険に加入するようにすれば、もっとも効率よく保険の切り替えができます。

保険相談に行く時には、今加入している保険の内容がわかるものを用意していきます。もっともわかりやすいのは保険の証書です。しかし、中には個人情報だからともっていくのを嫌がる人もいます。もちろん、証書がなくても良いのですが、加入年数や保障内容といったことを詳細に理解した上での方が担当者もより的確なアドバイスができるので、持って行くほうが良いといえます。また、受け取りたい保険金の額や保障内容を算出するためにある程度家系のシミュレーションをした上で行く方がより自分にあったマネープランを見つけることができます。

無料相談窓口とは

保険見直しをするにあたって、無料相談窓口に行くということが最近注目されています。今までは保険といえば、外交員をしている知人から勧められたものにそのまま加入するというのが一般的でした。しかし、最近では自分たちの加入したい保険を自分たちで選んで行く時代になっています。

今までは外交員さんのいうことが全て正しくその通りに加入し、新しい商品でお勧めと言われればそれに切り替えるというのが自然な流れでしたが、今は自分たちでたくさんの情報の中から選び取って行く時代へと変わってきています。たくさんの保険会社の商品の中から自分にあった保険を見つけるというのはとても難しく、この自分にあった保険探しを手伝ってくれるのが無料保険相談です。

この無料保険相談は様々な保険会社が合同で出資して運営をしています。窓口で対応してくれる人たちはどこかの保険会社の職員というわけではなくファイナンシャルプランナーとして中立的な立場で自分にあった保険を紹介してくれるので安心して意見を聞くことができます。また、保険のプロですから、知識も深いですし自分では偏った見方になりがちなことも多角的に見てくれ自分にとっても家族にとってもベストな保険を紹介してもらうことができます。